お知らせ
行政情報
[更新日:2018年2月8日]
除雪作業などによる事故に注意してください
※ この情報の掲載有効期間は終了しています

除雪作業などによる事故を防ぎましょう 

  大雪の影響で、屋根の雪下ろし中や除雪作業中の事故が発生する場合があります。
  作業をするときは、安全確保や健康管理には十分注意してください。
  
また、気温が上昇した場合には、屋根の雪が滑りやすくなる恐れがありますので、
雪下ろしを行うときは転落に注意するとともに、屋根からの落雪にも注意が必要です。

1 屋根の雪下ろしをするときは
 
①作業に適した日
   
⇒暖かい日の作業は屋根が滑りやすく危険です。できれば曇り空で、雪が固い午前中が適しています。
    強風や大雪などの悪天候時には作業を控えましょう。
 
②複数で行う
   
⇒明るい時間帯に2人以上で行い、作業中は声を掛け合うなど、お互いに見守るようにしましょう。
    やむを得ず1人で行う場合は、家族やご近所に声をかけ、時々様子を見てもらいましょう。
 
③はしごの固定
   
⇒転倒を防ぐため、はしごの足元はしっかりと固定しましょう。
 
④滑り止め
   
⇒長靴には荒縄などで滑り止めの工夫をしましょう。
 
⑤命綱をつけて
   
⇒万一滑った場合に備えて命綱をつけましょう。
 
⑥周囲も確認
   
⇒屋根の下の通行人に注意しながら行いましょう。

2 その他の注意事項
 
①屋根の雪に注意
   
⇒屋根の下を通るときは、落雪に注意しましょう。
 
②排雪時の転落に注意
   
⇒用水等への排雪の際に、誤って転落する危険があるので注意しましょう。
 
③除雪時の注意
   
⇒無理な作業は禁物です。休憩時間をとりながら行いましょう。
    除雪機の雪詰まり除去はエンジンを止めてから行いましょう。

お問い合わせ

所在地:
TEL:
FAX: