くらしの情報
くらしの情報
行政情報
射水市木造住宅耐震改修等支援事業について

あなたの家は地震に大丈夫ですか?

最近の大きな地震では、耐震性能が低いことが原因で、昭和56年(1981年)以前に建てられた木造住宅の多くに被害が集中しています。

  

射水市木造住宅耐震改修等支援事業

耐震改修費用に対して最大100万円、リフォーム費用に対して最大30万円を補助します。

耐震改修は、住宅すべての改修だけでなく1階のみや1階の主要居室のみの改修、2回に分けて耐震補強工事を行う段階的耐震改修でも補助制度が利用できます。 

詳しくはこちらまで 木造住宅耐震化 部分耐震改修も補助対象に!(クリックしてください)

 

※(一社)富山県建築士事務所協会以外で耐震診断を受けても耐震改修の補助は可能です。

 

補助金額

■ 耐震改修費用

・ 125万円未満の場合  耐震改修費用の4/5以内を補助します。

・ 125万円以上の場合  100万円を補助します。

■ リフォーム費用

・ 45万円未満の場合  リフォーム費用の2/3以内を補助します。

・ 45万円以上の場合  30万円を補助します。

■ 例)耐震改修費用が150万円、リフォーム費用が50万円の場合

  150万円(耐震改修費用)   -100万円(補助金額(上限金額))   =50万円(申請者負担額)

    50万円(リフォーム費用)-30万円(補助金額(上限金額))   =20万円(申請者負担額)

  200万円(総費用)      -130万円(補助金額の合計)      =70万円(申請者負担額の合計)

補助対象条件

以下の条件をすべて満足する建築物

■ 木造一戸建ての住宅

■ 昭和56年5月以前に着工

■ 在来軸組工法

■ 階数が2階以下

※ リフォーム費用に対する補助は、リフォーム工事と耐震改修工事を同時に行うものに限ります。リフォーム工事のみの補助は出来ません。)

※ 耐震改修施工業者と契約する前に、耐震診断書を持って、下記窓口に相談してください。市からの補助金等交付決定通知書が届く前に耐震改修施工業者と契約した場合、補助が受けられません。

申込・問合せ窓口

射水市役所都市整備部建築住宅課(大島分庁舎2階)

電話 : 0766-51-6683

事業期間

平成37年度まで

申請書類等

要綱.pdf : 木造住宅耐震改修・リフォーム支援事業の交付要綱です。

【申請時提出】 改修工事契約前

■ 補助金等交付申請書.pdf : 添付書類1~9も一緒に提出してください。

■ 事業計画書.pdf : 申請書の添付書類2です。

■ 収支予算書.pdf : 申請書の添付書類3です。

■ 口座振込登録申請書.pdf : 補助金が入金される口座を登録します。

【工事完了後提出】

■ 補助金等実績報告書.pdf : 添付書類1~7も一緒に提出してください。

■ 収支決算書.pdf : 実績報告書の添付書類1です。

■ 事業実績書.pdf : 実績報告書の添付書類2です。

【市の検査合格後提出】

■ 補助金等交付請求書.pdf : 実績報告書提出後、市の検査に合格したら、提出してください。

木造住宅耐震補強実験映像

下記リンクから、木造住宅震動実験映像がご覧になれます。

独立行政法人防災科学技術研究所

■ 実験動画の掲載場所

トップページ → 中段右にある「動画配信」

耐震改修工事のトラブルにご注意してください

「耐震診断に来ました」、「耐震補強が義務付けられました」と言って、法外な値段で、耐震診断や耐震改修を行うケースがあります。

1.「無料で診断します」という業者は要注意。

2.契約を急がせる業者は要注意。

  工事は書面(契約書、図面、見積書等)を確認してから、契約しましょう。

  絶対にその場では契約しないこと。

3.複数の業者から見積書をもらうことで、価格や内容が適正か判断しましょう。

4.相談しやすい地元の工務店や建築士に相談しましょう。

5.住宅に関する相談は、下記のところでも行っています。

■ とやま住まい情報ネットワーク

 電話 : 076-441-6312

■ 新湊地域住宅相談所

 電話 : 0766-82-4511

■ 射水地域住宅相談所

 電話 : 0766-55-1298


関連のリンク

射水市の個人向け住宅に関する補助等

 (一社)富山県建築士事務所協会

 射水市木造住宅耐震診断支援事業

 地域住宅相談所